SDGsの取り組み(KES・環境マネジメントシステム・スタンダード)

SDGs(持続可能な開発目標)とは、2015年9月の国連サミットにて採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2030年を達成年限とした持続可能でよりより世界の実現を目指す国際目標です。
17のゴールと169のターゲットから構成され、「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。
フジ・テクノロジーもSDGsの趣旨に賛同し、持続可能でよりよい世界の実現に向けて積極的に活動に取り組んでおります。
KES環境マネジメント

地球規模の環境問題がクローズアップされる現在当社では環境保全活動に積極的に取り組むことの証として、
「KES・環境マネジメント・スタンダード ステップ2」を認証取得しております。
KES ステップ2 は、あらゆる組織・業種で取り組みやすい規格でありながらISO14001と同じ要求項目が設けられています。
当社は、継続的な改善活動でスパイラルアップを目指し環境負荷の低減に努力しています。

【KES 環境機構】http://www.keskyoto.org

SR・SDGs活動についての報告

  1. 組織統治について *SR(Social Responsibility:社会的責任)

    SR体制の構築やSRマネジメントシステムの運用を定着化させるべく、月に一度全体にて会議の実施。
    それぞれのテーマ担当者が題材について、成果や活動報告の発表、同時にその場でSDGsについての理解を深めるための勉強会の実施、活発な意見交換の場となっております。
  2. 人権(人権を守る活動について)

    働き方や考え方同様、多様化する職場における人権侵害やハラスメントの種類や実態について理解を深めるべく、 実例を用いたディスカッションや会議による意見交換を行います。
    ハラスメントは決して他人事ではなく、どこでも起こり得る身近な事象であるという意識を高め、風通しの良い職場環境の実現を目的とした取り組みを行っております。
  3. 労働慣行(労働における安全衛生・5S)

    毎朝始業前のラジオ体操の実施と、週2回各分担場所の清掃を行います。
    また、作業場内の5S実現のためのごみの分別や工具の整理整頓・動線の確保など安全と効率性、綺麗な職場環境を実現しています。
  4. 環境(継続可能な資源の利用・緑化計画)

    梱包材として使用した、段ボールや包装紙の分別・リサイクルを徹底、再資源化に努めております。
    併せて、会社内の緑化計画の一環として花壇の設置を行い、明るく快適な職場づくりを目指し取組んでいます。
  5. 公正な事業慣行(社会的責任の推進)

    売上・仕入の比率を全社員の共通認識として把握。仕入先や仕入ルートの選定、原価意識を高める意識をもって、日々業務に励んでいます。
  6. 消費者課題(消費者に対するサービス・支援)

    持続的・継続的な販売、取引の実現に向けて、お客様にとって明快かつ最新の情報提供のために月に一度のホームページの更新や、 サービス向上のため製品のオーバーホール対応等、常にお客様第一の姿勢で信頼獲得に努めております。
  7. コミュニティへの参画

    地域社会の一員として福祉活動への参加を通じ、地域コミュニティおよび地域社会への貢献活動を行っております。
    具体的施策として、ペットボトルキャップの回収・リサイクルによるワクチン支援活動を全社員の共通認識として、協力して取り組んでおります。